上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はこんなの拾いました・・・
↓↓↓
130405-01.jpg
(#゚Д゚)ガッデム!

課長は何を隠そう今まで乗ってきた車は自家用・社用問わず全てパンク経験有りである。
気を付けて回避できるもんでもないし・・・写輪眼でも見切れないでしょ。

こういうイラン出費って、ハラタツ以外何もないな。
ツーカ、もうタイヤそのものが限界だし。


アー・・・ナンヤカンヤと出費が嵩むわ~


先日の釣行で使ったプラグ達。
↓↓↓
130407-01.jpg
大きいのから小さいのまで、サンザン迷走した証であります・・・

一概にそうとは言えないが、闇雲にルアーをトッカエヒッカエしていると良いことがない・・・ことの方が多い。
無論ケースbyケースではあるが、状況を冷静に判断する能力と「悪い流れを断ち切るための経験」を問われた釣行だったように思う。

・・・で、使った殆どのルアーでバイトは得ているのだが、手応えアリのミスバイトが1回、それ以外は手応えナシのミスバイトで、コレがなんというか、こぅ・・・

「胃袋をジワ~と掴まれるような」

・・・切ない気分にさせられるのだ。
まぁ、ルアーに触れることなく事が終わっているので、どうにもできないといってしまえばそれまで。
ここで「運がなかった」と開き直るのはカンタンだが、数少ないチャンスをモノにするためにコチラ側でできることはやっておきたいものである。

ちなみに、当日の竿頭さんがやっていたのがコレ。
↓↓↓
130407-02.jpg
只今ブレイク中(?)プラグ用シングルフックチューン。
左はこのカテゴリー元祖(?)の「インターフック/GTシリーズ」
右が後発だがお手頃価格が○な「シャウト/リングドクダコ」


実際に使ってもないし掛けてもないので参考にはならないが、フック全体&ポイントの形状を見る限り、インターフックは元祖の名に恥じないような工夫が見て取れる。
投資可能なユトリがあるなら・・・まぁ・・・インターかな?

どのヘンがプラグ用なのかというと・・・
↓↓↓
130407-03.jpg
アイに溶接リングorソリッドリングが通してあるので、トレブル感覚でスプリットリングに通してチューン完了。
お気に入りのフックにシーハンターなどで自作も可能だが、専用品はフックの重量が明示されているので手持ちのルアーにセットしやく便利。


推奨フックの重さに近い一本針に交換することにより・・・

①魚がルアーを吸い込みやすく・・・
②バレにくいところにフッキングしやすく・・・
③鳥に襲われても引っ掛けにくく・・・
④魚体に与えるダメージも少ない。

・・・と、イイコトズクメらしい。
事実竿頭さんを見る限りフックオフはナッシング、ヒットに持ち込んだ魚は全てキャッチに成功している。
肝心のフッキングポジションだが、謳い文句通りほぼカンヌキに掛かっていたという。

・・・そんなわけで、ハヤリモンにはとりあえず乗っかっとけ・・・ツーことで。
↓↓↓
130407-04.jpg
これからの大マサ狙いで活躍しそうなルアーを選抜→換装
ヤッパ、タンゴは外せないでしょ。


更に・・・
↓↓↓
130407-05.jpg
5月に入ると増えてくる小型ベイトパターン用の40gクラスはほぼ全部換装。
・・・実は弾丸赤身用だったりする。


課長が考えるにシングルフックチューン最大のメリットは・・・
↓↓↓
130407-06.jpg
推奨サイズの小さいフックを大きくすることができる。

小さいプラグの弱点は大型の魚が掛かった時の不安にあるが、フッキングが決まりさえすればカナリの不安が解消されるだろう。

とはいえフックの数が単純に1/3になるので、じゃれつくようなバイトが多い時は必然的にスレ掛かりの確率が減るとともにキャッチ率もダウンするだろう。
バランスがシビアな(・・・であることを謳い文句にしている)ルアーは、当然アクションにも影響する。

ちなみに課長が当日最後に掛けた魚は・・・スレ掛かりである。
何事もメリットばかりともいえないということだけは忘れてはならない。
それも冷静な判断をするための大事な要素・・・



・・・だと思います。

※スレもキャッチにカウントするかはアングラーの考え方次第です。
ちなみに課長はカウントする派で、理由はあくまでもバイトの結果スレになっただけで、意図的に引っ掛けようとしたわけではないからです。



福岡県下の某村にて。
↓↓↓

所用で久しぶりに訪れたが、相変わらず綺麗な桜並木だった。

その道中・・・
↓↓↓
130327-01.jpg
オォ~、なんかスゲ~

こういう光景を見て昔の人達は「山から龍が降りてきた。」と喩えたりしたそうだ。

エー・・・それだけです。



以上。
消息を絶っておりましたが・・・
↓↓↓

・・・コイ釣り始めたわけではないとです。

ココも随分と放置してしまいました。
所謂、「忙しい」という名の「怠慢」です。

「自分の時間は自分で作る」

・・・というのが持論ですが、まぁそんなウマイこといかないことだってありますので、気長に見守っていただければと。


・・・サテオキ。
ウマイこといくと・・・
↓↓↓
130309-01.jpg
BASSがポロリしちゃう。
・・・ツーカ、ウマイこといかなかったらポロリもナシ。


・・・そんなゲキカラ状態の北山湖であります。
「アー、ウマイこといってくれんカイナ~」・・・と祈るばかりのダメ展ぶり。
サテサテ、状況は好転するんでしょうか?


数時間後には解るでしょう。


【オフショアでポロリ】
年明けからのオフショアツアーは・・・
↓↓↓
130106-01.jpg
七里に行けたのは僅かに1回のみ。

そのワンチャンスで・・・
↓↓↓
130106-02.jpg
大分のオジサンが。

ミゴト、TOPでグッドサイズのヒラマサをポロリ♪
↓↓↓
130106-03.jpg
ゴメンナサイ・・・次は良い画像撮らせてもらいますから!

・・・で、これを最後に残りのキャスティング船予約は全て荒天キャンセル。


呪印発動か?


【近場でポロリ】
予約がダメでも・・・
↓↓↓
130120-01.jpg
T也のマイボートがあるじゃないか!・・・ってことで近場をウロチョロ。

130120-03.jpg
課長もウレシイ初物をポロリ。

130120-02.jpg
・・・で、この方もポロリ。

タイ釣り名人は健在らしい。


そんな彼のキャスティングデビューは秒読みだな。ニヤリ


【KMEでポロリ】
玄界灘がダメならKME行くでしょ。
↓↓↓
130203-01.jpg
ティップラン初チャレンジでイカもポロリ。

130203-02.jpg
ロッドはBASS用、専用ロッドにも負けません。

ちなみに、愛するUFMウエダが昨年末に解散したということを最近知った。
お世話になったメーカーだけに残念でならない・・・一つの時代が終わったと言うべきか。



その話はまたいずれ。


【KSFでポロリ】
「九州ソルトウォーターフェスティバル」とやらが近所で開催されるということで、北山のプラはボイコット。
いつもの連中とブラリと覗いてみたところ・・・
↓↓↓
130310-02.jpg
チンピラ 福チャプ怪鳥がポロリ(?)

会場はナカナカ盛況だった。
惜しむらくはキャスト&ジグメインの出展だったことか。
それこそティップランとかもっと間口が広くても良かったような気もするが、多岐にわたるジャンルを取り纏めるのはナニカとタイヘンなのだろう。

今回のオメアテ①
↓↓↓
130310-03.jpg
マグロキャスティング界のカリスマ、佐藤偉知郎氏と。
オーラがハンパナイ!・・・ツーカ、オレまた太ったな。


オメアテ②
↓↓↓
130310-04.jpg
今期デビューの13ステラSW!
カッコヨスギで鼻が膨らむ~


コレはもう買うことが閣議決定しています。
ツーカ、もう予約してきました。

その13ステラで・・・
↓↓↓
130310-01.jpg
こんなのも釣ってみたい~
オマエとは近いうちに必ず勝負するから待ってろよ!


130310-05.jpg
小倉の帰りはヤッパリ東洋軒で。
・・・ヤッパリ、うまかっちゃんより数倍ウマイ。


・・・そんな近況だが、そういえば先日ヒッソリと46歳になっていた。



プレゼントお待ちしております。
12/29、2012年最後の獲物は・・・
↓↓↓
121229-02.jpg
漁礁好きのアヤメちゃんでした。

グイグイされることもなく闘了。

「アー・・・こんなことならもっとイロイロやることやっときゃよかった。」

・・・と、後悔が後を絶たない釣行となりました。
ロクなことがなかった2012年の締め括りに相応しい?
イヤイヤ・・・そんなこといってちゃ、シブ~イ中命懸けで遊んでくれた魚に申し訳ないか。

赤いからなんとなくメデタイってことにしておこう。


1/6のリベンジマッチに期待だ!


翌日12/30は恒例行事に参戦。
↓↓↓
121230-01.jpg
現場ではナニカが起こってます。

頑張って呑んだので細かいことは覚えてないけど、いつものように楽しい一時だった。
2013年は、もっと楽しく美味しいお酒が飲めるようにしなければ。
運命に抗うは人の業なり、それが課長の生きる道~ハァーコリャコリャ♪


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

130101-01.jpg
・・・モチロン、BASSも頑張りますから!

皆さん、行きましたか?
↓↓↓
121209-01.jpg
課長は明日不在者投票に行ってきます。

現政権は能無しだし。
旧政権は首相をホッポリ出した人が党首だし。

選ぶのもタイヘンだけど「誰がやっても変わらない」といわず、国民に与えられた選択の権利はシッカリ行使したいと思います。


それで自分の暮らしぶりが良くなれば更にヨシです。


予定通り(?)土曜日のキャスティング釣行は中止。
折角イロイロ用意してたのにな・・・
↓↓↓
121209-02.jpg
スペアスプールのリーダーも全替えしたのに~

持っているとナニかと重宝するアイテムだが、今回はその保管方法について。
材料は全て100均で入手可能だ。
↓↓↓
121209-03.jpg
ネオプレン製ペットボトル保冷カバー(500ml用)を適当な長さでカット。
このサイズでD社4500~5000番、S社なら8000~12000番まで対応できる。
オフショアゲームでは最も多用する番手だろう。


121209-04.jpg
適当なサイズのストックケースに入れて完了。
ソコソコ強度もあるので、このままタックルボックスに入れて船内に持ち込むことも可能だ。


121209-05.jpg
ちなみに課長が選んでいるのはこの製品。
「パッキン付き」ってことは多少の防水性もアリらしい・・・シランかった。


ライントラブル対処はモチロン、「あと一歩、飛距離が欲しい。」時など、限られた時間の中でより有効な一手を打つための手段にもなるので、可能なら用意しておきたいスペアスプール。
社外品にしても純正品にしても高価なところが難点だが、持っていればそれなりの仕事をしてくれる時が来るだろう。
課長も事実、スペアスプールのお陰でキャッチできた魚は・・・



・・・まぁ、チョットはいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。