上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月並みですが、2012年も今月で終わりです。

相変わらずナンダカンダに忙殺されておりますが、釣りの予定だけはシッカリ確保しています。


シカーシ



・・・11月から海荒れ杉でしょ。

ナカナカのキャンセル続き・・・今週末も絶望的な予報みたいです。
でも、別の日に予約ネジ込んだもんね。



・・・ところで。
↓↓↓
121206-02.jpg
イカを刺身に引く時、縦①が正解?横②が正解?

調べた限りではイカの繊維質を断ち切るウンヌンで縦引き派が多いみたいです。
でも、呼子アタリの名物姿造りは横引きだしな。

ちなみに、課長が食べ比べた限りでは横引きの方が歯触りが良いような・・・
ということで、ウマイと思った方が正解っつーことにしてますが。


ホントのところがウッスラ気になります。


<11月前半某日>
前回の大漁に味を占めてKMEに。
↓↓↓
121104-01.jpg
フツーなら絶好のエギング日和なんだけど・・・

・・・怪しげなティップランでしか釣れる気がしなくなった体には「無風・ベタ凪・潮動かず」は三重苦でしかなくボチボチ苦戦したものの。
↓↓↓
121104-02.jpg
強制ティップラン?で乱獲モードの小先生。

121104-03.jpg
唯一のティップラン用ロッドの持ち主は、大苦戦の挙げ句ブッカケモード中。

課長はどうにか二桁釣果だったけど、イマイチ工夫の足りない一日だったかな。



年内にもう一回は行きたいな。


<11月中旬某日>
予定していたキャスティング釣行がキャンセルの連続、ガマンできず・・・
↓↓↓
121119-01.jpg
この方をソソノカシテ平日アタックを敢行。
乱丸の件、ありがとうございました♪


121119-02.jpg
O城師匠も道連れにして、荒れ狂う玄界灘でキャスト~

121119-03.jpg
一撃このサイズを夢見て投げ続けた結果!

O城師匠→1バラシ
バーガー店長→1チェイス
課長→1チェイス+1ペンペン

ヤッパリ、ムリヤリ行くとこんな目に遇うらしい。



まぁ、反省するつもりもないけど。


<11月下旬某日>
T也のオモチャ弐号機のお披露目釣行に参加。
↓↓↓
121125-01.jpg
ちなみに左が初号機。
ヨメに逃げられんごとせなね。


釣果は兎も角・・・
↓↓↓
121125-02.jpg
コアラが釣れたり。

121125-03.jpg
新たな扉を開いた一杯?

121125-04.jpg
楽しい一時でした。

ちなみ課長はジグ&キャストに拘った結果、エソ×1で闘了。
ツーカ、11月の釣果ヒドイね。

・・・ということで、12/24と29に予約を入れました。
同行希望の方、ご連絡お待ちしております~



まぁ、おらんわな。

ココ一年ほどで視力が著しく低下中です。

①遠→近のピントが合うのにタイムラグがある。
②ピントの合う距離が遠くなった。

・・・まぁ、老眼なんでしょうな。
疲れ目も激しいので眼薬は欠かせませんが、先日某ドラッグストアで・・・
↓↓↓
EVA目薬~
ムムッ!

イヤ・・・ツイツイ買ってしまった。


いつもは「スマイルX0」とか「サンテX0」やら、年相応の眼薬を愛用してますから。


10月某日、「久しぶりガッツリシャクリたい!」という欲求を抑えきれず、セカンドステージの乗合に混ぜていただくことに。
遡ってみると6月以来、ジグでのキャッチは0である。
こうなると「ジグでは釣れない」イメージが植え付けられそうなので、ソロソロ青物にグイグイされたいのだ。

・・・現着早々、アッサリ2~3kgのヤズをキャッチ。
ベイトもタンマリ、恒例の小屋島拝礼もバッチリ・・・

「コレはもう楽勝でしょ。」

・・・と、カッコつけて撮影拒否からのリリース。



んが!(゚Д゚)



その後はサワリはあるものの本アタリはなく・・・何処に行ってもベイトは山ほど居るんだけど。
以前この時期の落とし込み釣りにジグで勝負を挑んだが、ベイトが多すぎる時はルアーへの反応が極めて悪かったことを思い出した。
打開策を模索するも、トルクを失いつつある潮にジグの動きもスカスカ~と・・・

こうなったらやることは一つ。
↓↓↓
デカアコウ♪
お高いんでしょ~?

マッカッカ~
未開のラインはパラダイスなのだ。

釣り方はタイラバのリフト&フォール。
少しばかり「コツ」があるのがこのゲームのアツイところだが、ことルアーに関しては・・・
↓↓↓
コレでいいのだ
なんでもいいんカイナ?

ゴリゴリの根を攻めすぎてタマ切れに。
帰りのタイラバ用のタマを温存するため試しに六角オモリをタマ代わりにしてみたが「コツ」さえ掴めていればこれでも遜色なく釣れてしまう。


シカーシ


・・・コレをやりだしたらコレしかやらなくなるので、余計ジグで釣れない気がしてくるのだ。

「お土産なんかいらねーゼ!」

・・・の精神はどこへやら。
まぁ、釣れないより釣れた方がいいに決まっている。


・・・で、帰りのタイラバはラッシュ中にフックアウト連発・・・水揚げは1枚のみ。
思えば今年はタイラバ専門での釣行は少ないとはいえ、実はキャッチ率はカナリ激低なのだ。



青物にもタイ様にもグイグイされたいとです。
相も変わらずナンヤカンヤに忙殺されてますが、どうにか生存しております。
「blogを放置するほどか・・・?」・・・と問われれば、答えは「否」ですが。
釣りに行くヒマぐらいは捻出しているわけで。
↓↓↓
朝焼け
10月某日、港に向かう途中、目を奪われるほどの朝焼けでした。

毎日こんな風景を目にすることができれば、ギスギスした心にもユトリが生まれるのでしょうか?


アッ、軽い現実逃避です。ハイッ


10月頭の連休のこと、チョットした成り行きで・・・

「土曜日、沖ノ島カツオキャスト→日曜日、KMEボートエギング」

・・・という、ハードスケジュールにチャレンジすることになってしまった。
どうにか無事に帰還を果たしたが、月曜日が休みで本当にヨカッタ。
「付き合いも大事だが、断るのも勇気」・・・というアリガタイ教訓を授かることに。

とはいえ、眼前にナブラが出現すれば・・・
↓↓↓
ソレソレ~♪
スクランブルで4人同時ヒット!

このナブラはスイッチが入ってしまえば何度もチェイス→バイトを繰り返す難易度C級ナブラだった。
それだけにバラシは許されない。
↓↓↓
弾丸赤身!
無事、弾丸赤身キャッチ♪
・・・チョット丁寧にやり過ぎて同船の方には迷惑を掛けてしまった。・・・ゴメンナサイ


・PE2号+リーダー40lb
・40gフローティングペンシルの表層引き(←スキッピングとかいうらしい。)
フックは前日に全てST66→ST56に換装していたせいか、サックリとイイカンジでフッキングが決まっていた。

朝一から良いスタートである。
もう2・3本追加してキハダでも混じれば・・・ムフ♪


んが・・・
↓↓↓
ムズイ・・・
中盤後半はベイトだけが湧いている「タネナシナブラ」ばかり。
不思議といつも同じようなところで湧いているような気がする。


・・・ということで。
↓↓↓
アカッチョ~
アカッチョは課長を裏切りません。

帰港後、魚を配達してKMEの準備を・・・

準備・・・



Zzzzzzz・・・


いつもの連中と乗合バス(?)でKME入り。
この日もお世話になった「山本真珠」のボスによると「前日、1チームで130杯釣れた」らしい!

「スゲー!」と思う一方、単純計算すると130杯以上のイカがこの地から消えたわけである。

シカーシ、そんなネガティブ思考は必要ないらしく・・・
↓↓↓
天国モードinKME
・・・この日も大爆発。

イカ名人?
前半不調で今日も「ムチの日」と思いきや、怒濤の巻き返しを見せたデニーロ@TR
ハチミツのようにアマーイ一日だったそうです。


タクサン釣れました~
コレはミニマムサイズ、Avlは400~500gといったところ。
型は望めないが、コレだけ釣れれば楽しくないワケがない。


イカイカイカ~
ナン杯入ってるかヨーワカランクーラーが4つで120杯超えらしい。
ちなみに翌週鼻息を荒くして出撃したT也はマサカの貧果に終わったという・・・海ってオソロシイ。


・・・後半、大ラッシュタイムが訪れ万々歳で帰還。
どうにか二日間の強行軍を無事に完遂することができたのでした。


先日の記事で「釣りに行けるだけシアワセ」的なことを書いたが・・・

「釣りに行くのがアタリマエ」

・・・になるのが最終目標、これからも課長の闘いは続きます。



いつまで続けりゃいいとカイナ?
「真夏のKMEはアツイ」

・・・ということで、いつものメンバーで遠征釣行である。
↓↓↓
夏空のKME
快晴無風・・・釣果はサテオキ、灼熱地獄のアツイ一日でした。

今回の釣行幹事は、タイに続いて某所で「イカ名人」と呼ばれたいデニーロ。
課長の目当ては、美味しい刺身&バター焼きだ。


当日は山本真珠@ボスの計らいで・・・
↓↓↓
今日はディーゼル船!
急遽、ディーゼル船を仕立てていただきました♪

現地コーディネーターはマイドお馴染みのコチラ。
↓↓↓
今日のバーガー店長
ナゼか高確率でゲストより先に釣ってしまうバーガー店長。

バーガー店長によると・・・

「梅雨明けからサイズも数も↑↑↑」

・・・らしく、出船前に山本真珠@ボスに最近の釣果を聞いたところ、ボチボチ釣れているとのこと。
これまでKMEで釣果的に裏切られたことはないので、コレはもう鉄板でしょ。



(゚Д゚)・・・んが!



午前中の釣果は空気の読めないガイドさんのチビイカと・・・
↓↓↓
今日のT也
T也が仕留めたコイツ・・・コレはいけませんよ。(#゚Д゚)

船中、ミルミルうちに険悪なムードに。
↓↓↓
途中リタイヤ?
・・・そして、逃げるように帰ってしまったガイドさん。←ウソです。
午後から仕事、頑張ってください~


無能なガイドバーガー店長を桟橋に送ってから、とりあえず何らかの反応があった場所で粘ることに。
するとリスタート早々・・・
↓↓↓
今日のデニーロ
アララ?

オオッ?
ナント!

エェ~?
キロ級含む4連発~

釣り方は・・・オリジナリティがハンパではないので説明不能である。
まぁ、ボートエギングに味をしめてしまったのは間違いないだろう。

課長もとりあえず・・・
↓↓↓
どうにか釣れました~
ゼロイカを逃れて安堵の表情。
刺身で美味しいこのサイズを3杯♪


そして本日の竿頭は、後半のプチ時合いに・・・
↓↓↓
今日の小先生
一口サイズから・・・

ナイスサイズ~
バター焼きサイズに・・・

更に!
本日最大、余裕のキロオーバーを仕留めた小先生でした~

全体的にタフな釣果となってしまったが、この日はKMEを楽しむ上で大事なことや、地域独特の「クセ」を朧気ながら感じることができた。



次回の目標は、二桁釣果で二週間連続イカ刺し&バター焼きだな。


special thanks♪

KMEのボートエギングならココ!
ツーカ、ボートじゃなくても桟橋からボチボチ釣れるんですけど・・・
↓↓↓
山本真珠釣り筏

マイド胃がイタくなるような面子のガイド、ゴクロウサマです~
↓↓↓
バーガー店長もお疲れ様でした♪
デニーロが8月中にもう一回行きたいらしいですけど。



お陰様で楽しい一日になりました。
ありがとうございます!

「お盆は水際に近づかない。」

・・・というのが日本の夏の習わしではあるが、釣りを嗜む方にとって長期休暇ともなれば何処かしら釣りに行きたくなるのはフツーのことである。
無論、水難事故に遭わないよう、自身も含めて充分注意したい。

・・・ということで、課長もそれなりに釣行予定を立てていたのだが、当日は仕事の都合等でキャンセルになってしまった。
だからといって、一度行く気になっているのにオアズケを喰らって大人しくできるはずもなく、モンモンと各遊漁船の予約表チェックをはじめたところ、先日もお世話になったY'sが「8/12(日)1名空き」トナ!
↓↓↓
今日の吉武船長
ソッコー吉武船長に電話→乗合に混ぜてもらうことに。

シカモ、狙いは今が旬ド真ん中の「カツオ・キハダ」


久しぶりの単独釣行である。


・・・出航時間30分前に港に着くと、一度二度同船させていただいた方ばかりで少し安心した。
そして本日の現場は・・・
↓↓↓
沖ノ島~
なにかと相性の良い沖ノ島。

現着してナブラ探索開始、早々にベイトボールを確認したがボイルにまでは発展していない。
近くでジグを入れてみたり、ブラインドキャストをしたりして時合い待ち・・・


んが。


極小ベイト+極小シビのボイルが起こったのみで本日の時合いはシューリョー(´・ω・`)
オトコはあきらめが肝心、旬の味はなにもカツオ・キハダだけではない。
↓↓↓
アカッチョ♪
夏の沖ノ島といえはコレ!「アカハタ」

見た目はトロピカル感満点だが、マニアの方曰く「アコウにも負けない美味さ!」なのだ。
↓↓↓
今日のtylerさん
アカハタマニア「tylerさん」、良型にニヤニヤ。
対アカハタ用最強エサの威力、オドロキでした!


釣り方も餌取り(主にイソベラ)のアタリをかいくぐりつつ、根に潜られる前に本命アタリをビシャーッと合わす→失敗すると仕掛け没収・・・というチョット専用タックルが欲しくなるほどスリリングでオモシロイのだ。
課長も「最強エサ」を分けていただき、大小含めて二桁釣果達成。

・・・ということで、後半は船中アカハタ祭りとなり、クーラーがマッカッカになったところで少し早めに闘了と相成った。

楽しかったです~
同船の皆様、トッテモ楽しかったです。
またご一緒させてください♪


たまにはこんなユルーイ釣りもいいものである。



夏休みの思い出になりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。