上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週のお話。

2月3日は節分ということで、毎年恒例行事でもある「資さん」の恵方巻を食べた。
やはり「資さん」の巻き寿司は世界一美味しい・・・と思う。
いつもはこれだけで祭事は終了とするところだが、去年の秋口から・・・というより前厄→本厄→後厄→延長戦(?)で災厄のフルセットに見舞われてることもあり、今更ながら「お祓い」の祈祷をしていただいた。

・・・事のきっかけは、先日見事ブラックダイヤモンドを仕留めたT也もとうとう今年から「厄」に突入したらしく、先月某神社に所謂「厄払い」に行ったそうで、その御利益があったのかもしない・・・という実にアサハカな考えだ。
しかし、課長自身これだけ災厄が続くとどこかに・・・

「厄払いぐらいしとけばよかった・・・」

・・・という後悔の念がフッと過ぎることがある。
己の力の及ばない、「降って湧いたような」としかいいようがないような災厄なら尚更だ。
まぁ、手遅れ感は否めないのだが、それなりの「お祓い」でもしてもらっとけば、なんとなく前述のような後悔の念に苛まれることもないだろう・・・ということで。

受付で巫女さんに(←立派なオバチャンだったが巫女ということにしておこう。)

巫 「厄払いですか?」
課 「厄年は過ぎているんですが、身辺で良くないことばかり起こるので・・・」
巫 「では“除災開運”(ジョサイカイウン)ですね。」
課 「アッ、そういうのもあるんですか?」
巫 「ハイハイ、どうぞこちらへ。」←ご祈祷メニューのようなものが用意してある。
課 「大漁祈願もあるんですね!ついでにお願いできますか?」
巫 「では、もう○○円お納めください。」

・・・「地獄の沙汰も金次第」というのはホントらしい。
大漁祈願のお札は正月に買ったので、この日はやめておくことにした。

・・・神殿でウヤウヤしく祝詞をあげていただき、開運グッズを受け取って終了。
↓↓↓
除災開運グッズ?
御神酒とウワサの「叶守」は別料金ナリ~

これで少しは災厄が遠のいてくれれば良いのだが。
・・・ともあれ「叶守」も手に入れたので。
↓↓↓
こうなる予定です。
近日中にこうなる予定だ。
・・・ゴメン、T也。


遅まきながら「神頼み」もシッカリしたので、後は気負わず己の力でどうにかできることから片付けていくとしよう。

ところで土曜日にとあるblogを見つけて、読み耽っているうちに夜明けを迎えてしまった。
今回はそのお話を・・・と思ったが、前振りが長くなったので次回にしよう。
語り口を変えてみたのもその影響だったりして。



それ程シゲキを受けたというお話です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。