上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、乗合船で某沖堤防へ。
↓↓↓
某沖堤防・・・
狙いの獲物はアオリイカらしく・・・

汗ばむ陽気の一日、シャクリちらかしてきました。

朝の時合いで課長に一撃。
↓↓↓
2,350g
完全なる交通事故ですが・・・

2,350gのアオリイカ。

なんで釣れたかは・・・



ワカランです(;´Д`)



・・・こんなの釣っても未だエギングの魅力がわかりません。
課長にとっては、相変わらずタイクツな釣りなのです(´・ω・`)

ですが、気の合う仲間達と楽しい一時を過ごせるのはステキなことです。



GWも今日で終了。
明日からバチッとスイッチ切り替えなきゃですね。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

突然ですが、同感です。

楽しいんだけど魅力がわからん。。

エギングは不思議な釣りです(笑)

しかし、でかいのを釣ればきっと魅力がわかるはずだ

と思ってたんですが、課長さんの様なサイズを釣っても

わからんのですか・・
2010/05/05(Wed) 23:22 | URL | 誇大魚 | 【編集
>誇大魚さん
ウーン・・・なんででしょう?

タブン、イカもバスのようにソフトルアー・ハードルアー、更にはその中で様々なリグや釣り方、ポイントの選び方が成立すればもっと面白く感じるかもしれません。
また、「釣れる理由」というのがイマイチぼんやりしているところがタイクツに拍車を掛けているのかも。
ただ、魚探で地形が把握できるボートエギングの場合は別で、「釣れる理由」に近づけたような気がするだけでもタイクツからは脱却できそうではあります。

これらはあくまでも「課長の場合」ですけどね・・・

恐らく、もっとデカイのを釣っても、信じられないぐらいの入れ喰いを味わったとしても、一人でイカを求めて釣りに行くことはないと思います。
あの底取りの時間は・・・



昼飯後なら充分眠りにつけますねw
2010/05/06(Thu) 00:12 | URL | 課長 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。