上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これがウワサの「ひとつテンヤ」
↓↓↓
ひとつテンヤ
「豆テンヤ」とか「真鯛テンヤ」とか呼び名はイロイロのようです。

「和製フットボールジグ」といった出で立ちです。
メインフックのサイズはこの製品でバス用オフセットフックの1/0程度。
殆どの製品にアシストフックが付いています。
このメインフックに冷凍エビをセットして、アシストフックをエビの頭部に打ち込んで完成です。
仕掛けの操作方法は、バス釣りチックに表現すると「リフト&フォール」

① ボトムまで仕掛けを落とし・・・
② 底取りをしながら・・・
③ ロッドを煽って・・・(←リフト)
④ 再び落とし込む。(←フォール)


この繰り返しです。
従って、誘いの範囲はロッドストローク分というのがキホンとなります。

アタリはリフト時にも出ますが、フォール中のバイトを獲るとカナリの「カイカン」で、自己陶酔に浸るにはウッテツケかと。
※ちなみに、本命マダイのアタリは味わったことがありませんw

画像の製品には「5」という数字が刻印されていますが、これはオモリの号数を表しています。
狙う水深によって、号数を変えていくわけです。
課長の浅知恵(?)によると・・・

「10m、1号」

・・・というのが一つの目安で「例:水深50mで5号」となります。
ちなみに、「1号=3.75g」なので、5号で18.75g・・・

んが。

30mを超えると水圧の影響をモロに受けるし、更に潮流が加わると上記②の底取りが極端に難しくなります。
また、この釣りはパラシュートアンカーでの流し釣りがキホンであり、ボトムの起伏が激しい瀬周りでは、マメに底取りをしてやらないとナンノコッチャさっぱりワカランことになって更に難易度がUPしてしまいます。
課長がやった限りでは、前述の「目安」に縛られる必要はないようにも思いますが、やはり重くする(号数を上げる)と、アタリの出方も変わり釣果にも影響するんだとか。

タックルバランスについては、#2500程度のスピニングにPEラインという、エギングタックルに近いもので充分・・・と思いきや、ことロッドに関しては7f~6fでシャキッと張りのあるロッドで積極的に掛けていく方が良いのでは・・・というのがロッドにウルサイ課長の感想です。
PEは0.8号より0.6号かなぁ・・・と。

・・・こんなライトタックルで大鯛に挑むわけですよ。



チョット、極めてみたい釣りですね。
コメント
この記事へのコメント
私としてはタイラバよりもコチラのほうが興味あります。
このまえTVでノリオ氏がエコギアを使って釣っとったし!
2010/04/23(Fri) 19:34 | URL | まっつん | 【編集
>まっつん
明日、北山に行きます。
ロッドに付いてたら笑ってやってくださいw


・・・アッ、Feco認定品じゃなかった。


2010/04/23(Fri) 22:36 | URL | 課長 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。