上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も絶好のタイラバ日和でした。
でも課長はお仕事です。
それがフツーです。

今日は先日契約した案件からの発展提案に必要なヒアリングを。
クライアントの要望は相当ハードルが高く、こちらも色々な選択肢を用意する必要があります。
無論、それらの提案内容を履行できるかどうか、必要となる生産体制も考えておかなければならないわけで。
適任者を新規雇用するとか。
そうなると・・・

「卵が先か?鶏が先か?」
※この場合、「卵=人材」「鶏=お仕事」

・・・という企業としては難しい選択を迫られます。
お仕事が潤沢にあれば、人員を雇い入れることはこのご時世そう難しくはないのですが・・・

「仕事を獲得するために適切な人材が必要」

・・・となると話は別で、資金繰り等々、面倒なことが色々とあるわけです。
そもそも、この不景気のおり・・・

「仕事が有り余ってネコの手も借りたい」

・・・なんてステキな企業は希なわけで。
我が社のBOSSは、「鶏が先」派の超前向き思考ですが、課長は「石橋は叩いても渡らない」慎重派なので、ほとんど毎日激論となります。
今日は途中でシカトされましたが・・・

でも、まぁこんな激論を交わせるのは企業として健全である証拠だと思いますし、Yesマンばかりでは経営トップが踏み外した時に取り返しのつかないことになり、最終的にはクライアントを裏切ることになってしまいます。
それが、前の会社で学んだこと。
別に、そうならないように意識してBOSSと様々な意見交換をしているわけではないのですが、我が社のBOSSは課長のくだらない意見もとりあえず聞いてくれるので。
フツーなら経営トップに物申すにはそれなりの覚悟というものが必要なんですがね。
実は尊敬しています。

近い将来、課長のささやかな夢を叶えるためにも必要なことだと思い、明日も明後日も激論は続くのであります。タブン
何の夢か?

「夢は人に教えると叶わない」

・・・そうなのでナイショです。
ちゃんと仕事もしてるのですよ。



・・・でも、明日はタイラバ行きたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。