上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココ一年ほどで視力が著しく低下中です。

①遠→近のピントが合うのにタイムラグがある。
②ピントの合う距離が遠くなった。

・・・まぁ、老眼なんでしょうな。
疲れ目も激しいので眼薬は欠かせませんが、先日某ドラッグストアで・・・
↓↓↓
EVA目薬~
ムムッ!

イヤ・・・ツイツイ買ってしまった。


いつもは「スマイルX0」とか「サンテX0」やら、年相応の眼薬を愛用してますから。


10月某日、「久しぶりガッツリシャクリたい!」という欲求を抑えきれず、セカンドステージの乗合に混ぜていただくことに。
遡ってみると6月以来、ジグでのキャッチは0である。
こうなると「ジグでは釣れない」イメージが植え付けられそうなので、ソロソロ青物にグイグイされたいのだ。

・・・現着早々、アッサリ2~3kgのヤズをキャッチ。
ベイトもタンマリ、恒例の小屋島拝礼もバッチリ・・・

「コレはもう楽勝でしょ。」

・・・と、カッコつけて撮影拒否からのリリース。



んが!(゚Д゚)



その後はサワリはあるものの本アタリはなく・・・何処に行ってもベイトは山ほど居るんだけど。
以前この時期の落とし込み釣りにジグで勝負を挑んだが、ベイトが多すぎる時はルアーへの反応が極めて悪かったことを思い出した。
打開策を模索するも、トルクを失いつつある潮にジグの動きもスカスカ~と・・・

こうなったらやることは一つ。
↓↓↓
デカアコウ♪
お高いんでしょ~?

マッカッカ~
未開のラインはパラダイスなのだ。

釣り方はタイラバのリフト&フォール。
少しばかり「コツ」があるのがこのゲームのアツイところだが、ことルアーに関しては・・・
↓↓↓
コレでいいのだ
なんでもいいんカイナ?

ゴリゴリの根を攻めすぎてタマ切れに。
帰りのタイラバ用のタマを温存するため試しに六角オモリをタマ代わりにしてみたが「コツ」さえ掴めていればこれでも遜色なく釣れてしまう。


シカーシ


・・・コレをやりだしたらコレしかやらなくなるので、余計ジグで釣れない気がしてくるのだ。

「お土産なんかいらねーゼ!」

・・・の精神はどこへやら。
まぁ、釣れないより釣れた方がいいに決まっている。


・・・で、帰りのタイラバはラッシュ中にフックアウト連発・・・水揚げは1枚のみ。
思えば今年はタイラバ専門での釣行は少ないとはいえ、実はキャッチ率はカナリ激低なのだ。



青物にもタイ様にもグイグイされたいとです。
スポンサーサイト
相も変わらずナンヤカンヤに忙殺されてますが、どうにか生存しております。
「blogを放置するほどか・・・?」・・・と問われれば、答えは「否」ですが。
釣りに行くヒマぐらいは捻出しているわけで。
↓↓↓
朝焼け
10月某日、港に向かう途中、目を奪われるほどの朝焼けでした。

毎日こんな風景を目にすることができれば、ギスギスした心にもユトリが生まれるのでしょうか?


アッ、軽い現実逃避です。ハイッ


10月頭の連休のこと、チョットした成り行きで・・・

「土曜日、沖ノ島カツオキャスト→日曜日、KMEボートエギング」

・・・という、ハードスケジュールにチャレンジすることになってしまった。
どうにか無事に帰還を果たしたが、月曜日が休みで本当にヨカッタ。
「付き合いも大事だが、断るのも勇気」・・・というアリガタイ教訓を授かることに。

とはいえ、眼前にナブラが出現すれば・・・
↓↓↓
ソレソレ~♪
スクランブルで4人同時ヒット!

このナブラはスイッチが入ってしまえば何度もチェイス→バイトを繰り返す難易度C級ナブラだった。
それだけにバラシは許されない。
↓↓↓
弾丸赤身!
無事、弾丸赤身キャッチ♪
・・・チョット丁寧にやり過ぎて同船の方には迷惑を掛けてしまった。・・・ゴメンナサイ


・PE2号+リーダー40lb
・40gフローティングペンシルの表層引き(←スキッピングとかいうらしい。)
フックは前日に全てST66→ST56に換装していたせいか、サックリとイイカンジでフッキングが決まっていた。

朝一から良いスタートである。
もう2・3本追加してキハダでも混じれば・・・ムフ♪


んが・・・
↓↓↓
ムズイ・・・
中盤後半はベイトだけが湧いている「タネナシナブラ」ばかり。
不思議といつも同じようなところで湧いているような気がする。


・・・ということで。
↓↓↓
アカッチョ~
アカッチョは課長を裏切りません。

帰港後、魚を配達してKMEの準備を・・・

準備・・・



Zzzzzzz・・・


いつもの連中と乗合バス(?)でKME入り。
この日もお世話になった「山本真珠」のボスによると「前日、1チームで130杯釣れた」らしい!

「スゲー!」と思う一方、単純計算すると130杯以上のイカがこの地から消えたわけである。

シカーシ、そんなネガティブ思考は必要ないらしく・・・
↓↓↓
天国モードinKME
・・・この日も大爆発。

イカ名人?
前半不調で今日も「ムチの日」と思いきや、怒濤の巻き返しを見せたデニーロ@TR
ハチミツのようにアマーイ一日だったそうです。


タクサン釣れました~
コレはミニマムサイズ、Avlは400~500gといったところ。
型は望めないが、コレだけ釣れれば楽しくないワケがない。


イカイカイカ~
ナン杯入ってるかヨーワカランクーラーが4つで120杯超えらしい。
ちなみに翌週鼻息を荒くして出撃したT也はマサカの貧果に終わったという・・・海ってオソロシイ。


・・・後半、大ラッシュタイムが訪れ万々歳で帰還。
どうにか二日間の強行軍を無事に完遂することができたのでした。


先日の記事で「釣りに行けるだけシアワセ」的なことを書いたが・・・

「釣りに行くのがアタリマエ」

・・・になるのが最終目標、これからも課長の闘いは続きます。



いつまで続けりゃいいとカイナ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。