上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数年、ホームの遠賀川で辛酸を舐めさせられる結果が続いている。
魚との距離が詰められていない試合や、大味で雑な攻め、本戦でのアジャストに失敗しているケースが目立つが、今回に関しては・・・

「何故釣れなかったのか?」

・・・が今でも解らない。
博打に行ったつもりもなくカナリ堅実なプランと思えたが、結果は「0申告」という手厳しい現実だけが残った。

まぁ、端的にいうと「ヘタクソ」ということである。



ヘタクソに付ける薬は「練習」しかないですな。


別にマイクを握ると離さないとかいう悪癖はないが・・・
↓↓↓
説明・・・長杉
ルール説明が長くなって選手の皆様には申し訳なく思っております。ハイ
※JB/NBC公式サイトより


マイドのことだが、コンテスタントとしてルールを守るのはアタリマエ。
敢えてキビシイ言い方をすると、ルールの理解度が低いと言わざるを得ない選手が目立つ。
解らないことや解りにくいことは何時でも聞いてもらって構わない。
但し、常識のレベルを逸脱した「ヘリクツ」ともとれるような程度の低い質問はカンベンしてもらいたいものだ。


・・・っと、閉会間際でドッと疲れた体に鞭を打ち、笹尾川のマーカーを回収に。

んが。

一個回収した後、不覚にも土嚢に乗り上げて「カメ」になっていたところ・・・
↓↓↓
今日のNAXY会長
NAXY会長が回収のお手伝いに来てくれました。

NA 「絶望の淵から助けて欲しくば、オマエに残されしものを捧げよ。」
課 「ウゥゥ・・・サ・・・ササゲ・・・ル・・・」ガックシ
↓↓↓
ベヘリット~
どれか一個お選びください。

NAXY会長、ありがとうございました。



・・・ウーン、それにしてもなんで釣れなかったんだろ?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。