上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/23の波予報です。
↓↓↓
波予報・・・
11/20 20:00現在、6:00~9:00までしかまだ画像化されていませんが、基本的には荒れる方向のようです・・・

今「アツイ」らしい(?)小呂島周辺は大丈夫みたいですが。



これ以上、黄色っぽくなりませんように。


今日も誰も遊んでくれないので、リールメンテにチャレンジしてみました。

この手の作業はあまり自信がないし、それ相応の工具やケミカルも必要になるので、基本的には「専門家にオネガイ」してきましたが、イイカゲン自分でもやってみよう・・・というより、前の釣行でタイラバ用のベイトリールのクラッチが切れないという症状を放置してて、怖々リールを回してみたらゴリゴリ~・・・ときたもんで。

初歩的なミスもしたりして。
↓↓↓
バネが~
ベアリングを押さえているバネがピョーンと・・・1時間捜索。

トラブルの原因は、海用リールの宿命「塩噛み」でした。
防水・防錆技術が進んでも、完全シャットアウトは難しいようです。・・・釣行後の水洗いも欠かさなかったのですが。

・・・そして、メカニカルブレーキのベアリング死亡。
↓↓↓
ベアリング死亡・・・
ただのワッシャーと化していました。
・・・でもコレって防錆ベアリングじゃなかったの?


メカニカルブレーキのツマミにはパッキン(←っといってもタダのOリング)が入っていますが、ココも海水が侵入しやすいようで。
次からは水洗いの際に要チェックです。

・・・シカシ。

最も塩噛みが激しい場所がハンドル側のユニットを固定している2本のビスの直下で、そのビスがクラッチをリバースするバネも固定しているという。・・・なんともマヌケな設計のような気もしなくもないのですが。

・・・メチャクチャ時間は掛かりましたが、なんとか自力で組み付け完了です。
トラブルが起こりそうな場所や原因も把握できたので、いい暇つぶし&勉強になりました。



そう、やればできる子です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。