上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・っと、そんなわけでマグロのファーストキャッチには至らず。

ファイトタイムのおよそ40分近く、船の周りではアチコチで・・・

ボンガボンガッ!(*゚∀゚)=3

・・・とマグロナブラが立ちますが、全て射程距離外。
正直もどかしさもありましたが、中には巨体を完全に水上に飛び出してベイトを襲うナブラもあり、兎に角大コーフンでした。

・・・それがどうやら午前中最大のフィーバータイムだったようで、別の同船者さんがキャッチした小型のヨコワを最後にマッタリとした時間が過ぎていきます。

※ここまでの課長達の釣果
課長→ジグでヒラゴ1バラシ 根魚1バラシ
Sさん→ジグでアヤメ1本




しばらくして船長さんから・・・

「このまま待ち続けるか、ヒラマサキャストにスイッチするか、どうしますか?」

・・・とプランチョイスの提案。
乗り合いなので誰がエントリーリーダーというわけでもなく、またマグロへの期待と未練があるせいか、誰もチョイスできず無言のままでしたが、黙ってても時間がもったいないだけなので、課長が「ヒラマサで。」とチョイス。
すると皆さん同意していただき、憧れの七里ヶ曽根に別れを告げることにしました。



・・・しばらくしてキャスト場に到着。
日も西に傾き、実釣時間も残り少なくなってきました。
船長も短時間勝負とみて、ベイト反応の良いラインを一本々丁寧に流すこと数本目・・・

ドバーン!(*゚∀゚)=3

・・・と、ナント課長のルアーにバイト!
Σ(゜ロ゜)ビクーッ!となりツイツイあわせそうになりましたがロッドに生命感はなく、止めずにそのままジャークすると・・・

ドバーン!(*゚∀゚)(*゚∀゚)==3

乗らず!・・・少し早めにジャーク!

ドバーン!(*゚∀゚)(*゚∀゚)(*゚∀゚)===3

ラインがスーーーッと走り出してからゆっくりロッドを立てると・・・

( ゚゚)キタ?(゚゚ )キタノ?

( ゚∀゚)キタワネ!(゚∀゚*)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!




・・・殆ど手応えもないまま秒殺ランディングw
↓↓↓
TOP初ヒラマサ!
2kgのヒラゴ・・・一応、ヒラマサではあります。

オチビさんですが、とりあえずヒラマサキャスティング初の獲物です。
その後またもや課長に・・・

ドバーン!(*゚∀゚)(*゚∀゚)(*゚∀゚)===3

・・・ときまして。
↓↓↓
2本目!
6.4kg~!

船が魚の方に流される+魚がこっちに向かって走ってきたせいで、またもや秒殺ネットイン。
特大サイズとはいえませんが、やっとヒラマサらしいサイズを仕留めることができました。

その後もバイトが続き、同船者さんに特大サワラ、Sさんはフックアップまで持ち込んだもののファイト中に無念のポロリ・・・

夕方最後の時合いに間に合ったカンジです。
全体的にはシブイ釣果でしたが、トップ初ヒラマサもキャッチできたので課長としては大満足の釣行となりました。



今回お世話になったルアー船はコチラ。
↓↓↓
IZANAGI丸
最強幻術?課長好みのネーミングですw

“IZANAGI丸”

西エリアにも東エリアにもアクセスの良い糸島芥屋漁港から操業です。
船は少し古めですが、キャスト&ジギングには必要不可欠な装備がバッチリ揃っています。

田中船長、ありがとうございました!



そして、マシーンSさん。
ヤッパリ一人より二人ですね。おかげでトッテモ楽しかったですw
同行してくれてありがとうございました。

次はマグロクラブ設立で!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。