上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒラマサキャスティングに使用するルアーの殆どはトリプルフックが付いていない状態で販売されています。
フックも付いてないクセにイイ値段するんです・・・コレが。

・・・で、個々のルアーには最適なアクションを引き出すとされる「推奨フック」というものが設定されていて、とりあえずはその製品・指定サイズのフックを後付けするわけです。
恐らくそのルアーをテストする際にセットしていたフックが、推奨フックであると推測して間違いないでしょう。
そして殆どのメーカー・ブランドがこのフックを基準にテストを行い、推奨フックとして設定しているんじゃないかと。
↓↓↓
ST-66
Cultiva ST-66(画像は2/0)

特長は、極太ワイヤー&強靱でタフ、そして“japanクォリティ”らしく触れただけでブッ刺さりそうな鋭利なフックポイント。
ちなみに推奨フックサイズとして最も多く設定されている3/0は殆ど入手困難。・・・市場で最も流通されて入手しやすいからこそ「基準となる」フックだと思うんですが。
ポイントの形状はオーソドックスなストレートポイント。

・・・ですが強靱且つ鋭いが故に、ルアーが着水した時の衝撃でボディーに「打撃痕」を残してしまいます。
特にアクション重視で塗装が薄いものや、アルミ張り(←アルミが凹むことにより塗装割れが起こりやすいんだそうな。)のルアーは、ボディー素材にまで達する激しい打撃痕を残してしまいます。
↓↓↓
半日にキャストで・・・ ローリングマーク
ST-66 3/0装着 キャスト約3時間による打撃痕
※右=ウッド 左=発泡ウレタン


高価なものだけにあまりにギタギタになると気分的にもアレですが、それだけでなくウッドルアーは・・・

「吸水による耐久性の低下や、アクションの変化」

・・・を気にしなければならないので、使用後のリペアは必須となります。
愛着のあるルアーをナデナデしているのは楽しい一時でもありますが、メンドクサイといえばメンドクサイ。

そんな人にはこのフック。
↓↓↓
YELL
YELLフック“BG”シリーズ(画像は2/0)

ワイヤーの太さはCultivaと同等、最大の特長はポイントの形状にあります。
グッと内側に入る所謂「ネムリ針」
これが結果的にルアーへの打撃痕を軽減してくれます。
↓↓↓
ギタギタ・・・
Cultivaから交換→YELL BG 3/0装着 キャスト3時間以上
魚を掛けたことによる傷以外はカナリ少なめでした。


・・・但し、これだけネムリが入ると当然初期掛かりは悪くなるはずなので、「乗らないかも・・・」という覚悟が必要な気がしますが、掛かってしまえばネムリ針の特徴である地獄のようなホールド性を存分に発揮してくれます。・・・掛かったフックを外すのもムカツクぐらい外れませんw

「掛かってしまえば」

・・・というのがミソです。
ザンネンながら製品ムラが激しく・・・

「セーフティーフックですか?」

・・・と思うぐらいポイントがツルツルだったりするものも。
まぁ価格がトッテモ良心的なので我慢するとして、装着前には必ず一本一本ポイントのチェックをしておきましょう。



では、推奨されているフックを別のものに替えたらどうなるか?
・・・ツーカ、替えてもいいのか?



もう少しだけ語ります。

【明日に続く】
課長は釣った魚を殆ど家に持ち帰りません。

「もったいない!」

・・・とお叱りを受けるかもしれませんが。実は元々そんなにお魚好きではないので。
無論、必要以上のキープもしませんし、キープする時は美味しく食べてくれる方にお譲りすることにしています。
ですが・・・
↓↓↓
ウマイ!
※special thank's 刑事さん!

・・・やはり自分で釣ったメモリアルフィッシュのお味は格別でした。

―――――――――――――――――――――――――――――――

・・・その記念すべきヒラマサキャスティング初の獲物を仕留めたルアー。
↓↓↓
チェリパーイ!
HAMMER-HEAD“CHERRY-Pai”180-70

ハンマーヘッド!
背中にドドーンと「HAMMER-HEAD」 カッコイイ!!

GTルアーで有名なブランドなので、塗装はカナリ頑丈な仕上げになっているかと思いきや・・・
↓↓↓
ギタギタ・・・
画像ではわかりづらいですが、泣きたくなるぐらいギタギタです。

メーカーサイトでも「そのへんはご了承願います。」と。・・・カッコイイので許します。
「名誉の傷跡」ということで、このまま殿堂入りさせたいところですが、高価なルアーにはマダマダ働いていただかないとです。

明日は使用したフックについて。
シロートが少しだけ語ります。ボソボソ



課長と同じような「シロートさん」の一助になれば幸いです。
・・・っと、そんなわけでマグロのファーストキャッチには至らず。

ファイトタイムのおよそ40分近く、船の周りではアチコチで・・・

ボンガボンガッ!(*゚∀゚)=3

・・・とマグロナブラが立ちますが、全て射程距離外。
正直もどかしさもありましたが、中には巨体を完全に水上に飛び出してベイトを襲うナブラもあり、兎に角大コーフンでした。

・・・それがどうやら午前中最大のフィーバータイムだったようで、別の同船者さんがキャッチした小型のヨコワを最後にマッタリとした時間が過ぎていきます。

※ここまでの課長達の釣果
課長→ジグでヒラゴ1バラシ 根魚1バラシ
Sさん→ジグでアヤメ1本




しばらくして船長さんから・・・

「このまま待ち続けるか、ヒラマサキャストにスイッチするか、どうしますか?」

・・・とプランチョイスの提案。
乗り合いなので誰がエントリーリーダーというわけでもなく、またマグロへの期待と未練があるせいか、誰もチョイスできず無言のままでしたが、黙ってても時間がもったいないだけなので、課長が「ヒラマサで。」とチョイス。
すると皆さん同意していただき、憧れの七里ヶ曽根に別れを告げることにしました。



・・・しばらくしてキャスト場に到着。
日も西に傾き、実釣時間も残り少なくなってきました。
船長も短時間勝負とみて、ベイト反応の良いラインを一本々丁寧に流すこと数本目・・・

ドバーン!(*゚∀゚)=3

・・・と、ナント課長のルアーにバイト!
Σ(゜ロ゜)ビクーッ!となりツイツイあわせそうになりましたがロッドに生命感はなく、止めずにそのままジャークすると・・・

ドバーン!(*゚∀゚)(*゚∀゚)==3

乗らず!・・・少し早めにジャーク!

ドバーン!(*゚∀゚)(*゚∀゚)(*゚∀゚)===3

ラインがスーーーッと走り出してからゆっくりロッドを立てると・・・

( ゚゚)キタ?(゚゚ )キタノ?

( ゚∀゚)キタワネ!(゚∀゚*)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!




・・・殆ど手応えもないまま秒殺ランディングw
↓↓↓
TOP初ヒラマサ!
2kgのヒラゴ・・・一応、ヒラマサではあります。

オチビさんですが、とりあえずヒラマサキャスティング初の獲物です。
その後またもや課長に・・・

ドバーン!(*゚∀゚)(*゚∀゚)(*゚∀゚)===3

・・・ときまして。
↓↓↓
2本目!
6.4kg~!

船が魚の方に流される+魚がこっちに向かって走ってきたせいで、またもや秒殺ネットイン。
特大サイズとはいえませんが、やっとヒラマサらしいサイズを仕留めることができました。

その後もバイトが続き、同船者さんに特大サワラ、Sさんはフックアップまで持ち込んだもののファイト中に無念のポロリ・・・

夕方最後の時合いに間に合ったカンジです。
全体的にはシブイ釣果でしたが、トップ初ヒラマサもキャッチできたので課長としては大満足の釣行となりました。



今回お世話になったルアー船はコチラ。
↓↓↓
IZANAGI丸
最強幻術?課長好みのネーミングですw

“IZANAGI丸”

西エリアにも東エリアにもアクセスの良い糸島芥屋漁港から操業です。
船は少し古めですが、キャスト&ジギングには必要不可欠な装備がバッチリ揃っています。

田中船長、ありがとうございました!



そして、マシーンSさん。
ヤッパリ一人より二人ですね。おかげでトッテモ楽しかったですw
同行してくれてありがとうございました。

次はマグロクラブ設立で!
・・・そういえば金曜日は2011初釣りでした。平日ですけど。
予約日に限ってこうも悪天候がビンゴすると、いくら温厚な課長でも我慢の限界も超えようというものです。

当日は予報通り。
↓↓↓
良い天気だー
青い空~碧い海~Love 高気圧♪

気温は低かったものの、波も風も穏やか。
キャスト&ジグでカナリの運動量になるせいか、発熱アンダー+ハードシェル(中綿ナシ)で充分過ごせました。

更に課長達をアツクさせる獲物・・・
↓↓↓
マグロ!
マグロ!二夜連続 by渡○也

「ヨコワ」「メジ」と呼ばれるクロマグロの幼魚。
幼魚といってもデカイのは50kg級も釣れているらしく、そりゃもうドキドキです。

そんなヨコワチャンが口を開けて待っているらしい現場は・・・
↓↓↓
七里~
壱岐と対馬のほぼ中間・・・

オフショアルアーマンなら知らない人はいない(?)聖地「七里ヶ曽根」
そんな甘美な言葉に誘われて、平日にも関わらずノコノコ同行してくれたのは・・・
↓↓↓
今日のマシーン
タイラバマスター「マシーン」@Sさん
タブン、課長以上の勤労意欲欠落症患者ですw


仲良くなれそうなヨカン。

・・・現場に到着するとサスガ現代の釣りは情報戦、広大な曽根を埋め尽くす大船団でした。

そこに鳥が一羽・・・二羽・・・と集まり・・・



・・・海面に近づき始めると!




マグロナブラ発生!(*゚∀゚)=3



課長コーフン、大迫力です!

・・・ですが、そう都合良くキャストの射程距離内でナブラがおこるわけもなく。
鳥や海面の変化を監視していると・・・後方で突如ナブラ発生!ジャストタイミングでキャストした同船者の方に・・・
↓↓↓
オオトロ・オオトロ~
ヒットォォォーーー!!!

一向に浮いてくる気配もなく・・・10分経過。



「リーダーの結束やりかえとくか~」・・・と20分経過。



「朝飯でも食うか~」・・・と30分経過。



・・・



そんなに引くの?



・・・と、様子見に。
ファイト中の同船者の方・・・マヂで青息吐息です。
船長さん曰く「50kgオーバー確定やね~」と。
横でマシーンSさんが励ましています。
ココは課長も一つ・・・

課「頑張って!大トロ分けてください!」
同「・・・フザケンナハハハ」

※チッ、笑いが足りないか?

課「オオトロ♪(゚∀゚)オオトロ♪(゚∀゚)オオトロ♪」←注:見ず知らずの方です。
S「・・・オオトロ♪(゚∀゚)オオトロ♪(゚∀゚)オオトロ♪」←注:ナゼか乗っかるマシーンSさん・・・カナリ仲良くなれそうなヨカン。

同「・・・アッ!」




・・・痛恨のフックオフ!Σ(゜ロ゜|||)ガビーン!



・・・何もなかったかのように振る舞う課長&マシーンSさん。

・・・疲労困憊&ショックでキャビンに撤収する同船者さん。

・・・「マダマダ・・・チャンスありますよ!」・・・と引き攣る船長。



青い空も、碧い海も、全てが灰色に見えた瞬間でした。

【明日に続く。】
昨年末から恐らく多くの釣り人がウズウズしているはずです。

嗚呼、それなのに。

今週末に予定していたキャスト&ジギングツアーも、どうやらド真ん中ゲキアレのようです。



「許さん!許さんぞー!!!」



・・・ってことで、またもや急遽明日行ってきます。
対戦相手はコチラ。
↓↓↓
マグロ!
「マグロ!」by渡○也

単独行動のはずでしたが、コレマタ急遽「マシーンSさん」も参戦です。



ヤッパリ、みんなウズウズしてるんですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。