・・・その前に。

今週末はソルトチャプターです。
課長は海龍丸に乗船予定でしたが、セカンドステージ号に1名キャンセルが発生。
急遽、厳正なるクジ引きが執り行われ・・・
↓↓↓
アーミダークジー♪
アーミダークジー♪アミダークジー♪♪
※立会人:Deeper社長・マリッペ・課長・瀬山さん


・・・その結果、課長はセカンドステージ号に移籍することになりました。
係長、あっちゃん・・・サヨナラ~w
―――――――――――――――――――――――――――――


・・・昨日の続きです。

シーハンターを適量切って、半分に折り曲げます。
↓↓↓
シーハンター加工
25cm以上とれば作業しやすいでしょう。

今回はサンプルを分解した上で、同等品で作ってみました。
ちなみに、この号数で強度的には理論上、フック及び最も使用頻度の高いリーダー+PEのセット(50lb+3号 60lb+4号)の強度を上回っているはずです。
シーハンター以外にも、歯魚にも強い「ザイロンノット」etc・・・イロイロありますので、そのアタリはご自由に。
※但し、材料によってはこの方法では充分な強度を得られないかもしれませんので、自分で調べましょう。

ソリッドリングに通したら・・・
↓↓↓
ソリッドリング① ソリッドリング②

シュリンクチューブに通して適当な長さでカット。
↓↓↓
シュリンクチューブ① シュリンクチューブ②
あまりブカブカにならないサイズを選ぶのがコツ。

ココが最大のポイントかもしれないので・・・
↓↓↓
シュリンクチューブ③
好みのアシストの長さ(リングからフックのアイまでの長さ)で折り曲げた状態で加熱。

その後全体を加熱すると、ウマイことクセが付いてくれます。
これで仕上がりのフック姿勢が良くなります。

加熱処理が終わったものをフックのアイに通します。
↓↓↓
固定①
ミゴトにクセが付いてます。
通す方向を間違えないように。


アイの“直下”に固結び1回。
↓↓↓
固定②
「1回だけで大丈夫カイナ?」
・・・と思いますが、他の製品もココに結ぶタイプは殆ど1回のようです。


クセを付けた箇所がアイからズレないようにして・・・
↓↓↓
固定③
渾身の力で締め込みます。

掴み具合の甘いペンチだと、滑って大ケガをするかもしれませんので要注意!

ズレを修正したら・・・
↓↓↓
固定③
PEハサミで7mm程度残してカット。

切れないハサミだと作業がしずらいだけなので、おとなしくPEハサミ(\1,000以下でも充分)を用意しましょう。

7mmほど残した部分にスレッドを巻き付けます。
↓↓↓
スレッド①
フックがデカイのでバイスなしでも巻けますが、やはりあった方がキレイに巻けます。

下地が見えなくなるまで往復巻きします。
石鯛コーナーなんかに置いてある「セキ糸」だと何度も往復巻きしなければなりませんが、このスレッドなら2往復もすればOKです。
巻き終わりの処理は、アイ側にハーフヒッチの要領で3回止めてスレッドをカット。

スレッドを巻いた部分に瞬間接着剤を・・・
↓↓↓
スレッド②
まんべんなく垂らします。・・・というより塗り込むカンジ。
結びコブには塗らないように。


しばらく放置。
↓↓↓
養生
“瞬間”といえども小一時間はゼッタイに触らないように。

・・・完成。
↓↓↓
完成!
オリジナルと遜色ない出来映え・・・?

「瞬間接着剤を塗ったところが白くなる~・・・」

・・・と見栄えがワルイので、1日以上充分乾燥した後にフックコート(防錆剤)を吹いておくとOK。
コチラもイイカンジです。
↓↓↓
管ムロホロVer
わかりにくいですが、フックにホログラムコートが施されています。
スゴイ技術ですね~


・・・ですが、そのせいかフックポイントの鋭さが失われているような。
ホロなしの同製品はもっと鋭利だったかと。

スモラバやタイラバもそうですが、なんか作っている時は楽しいもんです。



いい暇つぶしになりそうだな。
注:意外とこのタイプのアシストフックの作り方は紹介されていないようなので、細かく解説していくにあたり、以下課長からの注意事項。

①興味のない方は読み飛ばすこと。
②解説が長いからといって、ガタガタいわないこと。
③眠たくなったら寝ること。
④自分で作るのがメンドクサイからといって、課長にオネダリしないこと。

では、解説スタート。



・・・今回、お手本にしたアシストフックはコチラ。
↓↓↓
フェイクアシストフック
Goldicオリジナル“フェイクアシストフック”

課長のアコガレ「平松慶氏」のオリジナルフックをマンマパクッてしまおういう魂胆参考にさせていただきます。

まずは道具の準備から。
↓↓↓
道具
・ペンチ×2(シッカリつかめるもの!)
・PEシザース
・よく切れるハサミ
・ドライヤー


材料関係。
↓↓↓
材料①
・シュリンクチューブ(内径2.5mm程度)
・タイイング用ボビン+スレッド
・瞬間接着剤
・シーハンター(15号)


スレッドは所謂「セキ糸」でも良いのですが、やや太めの番手を選んだ方が良いと思います。
課長はロッドメイキング用のポリエステルスレッド“Size:C”というヤツで巻きました。
瞬間接着剤は\100均の使い切りタイプがオススメです。
シュリンクチューブの番手は、使用するシーハンターの号数に応じて変更しましょう。

好みのフック アレコレ。
↓↓↓
材料②
・がまかつ“Tuned 管ムロ レッドホロ #26”
・C'ultiva“SJ-43TG 8/0”
・C'ultiva“ソリッドリング 6.5mm”


今回のアシストシステムは、このサイズのフックを基準としているのでアシカラズ。
ちなみに「管付き針」ということで、BASS用のマス針と比較してみました。
↓↓↓
デカ!
Decoy “Shot Rig #3”9本入り \300=1本 \33
C'ultiva“SJ-43TG 8/0”3本入り \500=1本 \166
値段は5倍程度ですが、大きさは5倍どころじゃありません。


・・・あとはバイスがあればカンペキですが、ここで問題発生。
↓↓↓
入らん・・・
デカ過ぎて入らんでわないか!

フライ用バイスでは歯が立たず、しょうがないのでコレで固定。
↓↓↓
即席バイス
\100均クランプに当て木・・・

意外やイガイ、うまいこと挟めます。
まぁ、固定が必要なのはスレッドを巻く時だけなのでコレで充分です。



明日の講座は組立編です。
・・・アシストフックの自作にチャレンジ。
↓↓↓
サテサテ・・・
いつもならこの時期はスモラバでも巻いてるはずですが・・・

昨日、使い古しの既製品アシストをバラしてみたところ、スモラバ巻くより簡単かも・・・と。
調べてみると幾通りか方法があるようですが、とりあえず最も多用しているフックを参考に何本か作ってみました。
仕上がりは・・・

「マァマァなんじゃないかと。」・・・見た目は。



詳しくは明日にでも。
チマタはもうそんなシーズンに突入しているそうです。

今日はお仕事関係の忘年会。
今までの課長はこういった席でも「下戸(お酒が飲めない人)」ということで押し通していましたが、10月から禁煙していることもあり・・・

「酒は飲まない」+「タバコも吸わない」=「マヂメか!」

・・・と思われるのもイカガなものか?ということで、今年は飲んでみようと。
注:飲むといっても極々少量です。

そうこうしていると禁煙中であることがバレまして。

まぁ・・・「吸え吸え攻撃」ですよ。

なんとか耐えましたが、禁煙6ヶ月目の方と1年目の方がさほど抵抗もせずに陥落w
課長も半年後はあーなるんでしょうか?



帰りは久しぶりにラーメンをズルズル。
↓↓↓
黒崎ホームラン
黒崎といえば「ホームラン」です。

課長の中国(←not 広島岡山地方)のお友達曰く・・・

「世界で一番オイシイ!」

・・・と。
彼にとってはそうなんでしょう。
後で写メでも送ってあげよう。



・・・で、早めに釈放されたので、帰着後お風呂でユルリと温まりました。
↓↓↓
投げたい!
オモチャと一緒に。

あー、投げ散らかしたい!



「それ、オレもやってます。」という方は拍手をクリック。
<お知らせ>

九州トーナメントシーンの重鎮「ひろゆきおやじ」殿。
↓↓↓
ひろゆきおやじ!さん・・・
指の太さも重鎮級です。

ルアーフィッシングにおけるキャリア・スキル共に、もはや説明不要の尊敬すべき大ベテランです。
そんな「ひろゆきおやじ」殿のblog・・・
↓↓↓
“生涯の幸せのために!”

・・・と、この度リンクさせていただくことになりました。
今後ともよろしくお願い申し上げます!
―――――――――――――――――――――――――――――

・・・先日のクラシックで取材のお手伝いをさせていただいた「釣紀行」さんからプレゼントが届きました。
↓↓↓
釣紀行1月号
釣紀行1月号 ※Now on sale!

おぉっ
在りし日の雄姿?

Mr.伊原ですw
“Mr.”って。

課長的には表紙のヒラマサに釘付けです。



釣紀行さん、ありがとうございました!