上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追加注文等ありましたが・・・
↓↓↓
行ってらっしゃい。
どうにか完成。

課長の代わりに裏磐梯を拝んできてください。



今回「幻術」の仕込みにあたり、いつもとは違ったタッチの巻き方やシリコンラバーを試してみたのですが、正直いって・・・

「試作品の域を出ない。」

仕上がりになってしまいました。
ラバーを巻いているといつも思うのですが、所謂・・・

「調子の良い時・悪い時」

・・・というのがあったりします。
完全手作業であること、毎日巻いているわけではないことを考えると致し方ないのですが、今回は不幸にして「調子の悪い時」だったようで・・・

まぁ、ビミョーな製品のバラツキは時として「この世に二つと無い生命感」を生み出すこともあります。
実際・・・

「コレは二軍・三軍だなぁ・・・」

・・・なんて思っていた製品が異様に釣れたりもしますから。
なので、課長のアジトには良い仕事をした課長ジグの残骸がサンプルとして幾つかあります。

「魚にしか分からない何か。」

・・・がその製品に宿っているのでしょうが、ザンネンながら同じように作ろうとしても二度とは上手くイカンものです。



ちなみに今回お試しで使ってみた・・・
↓↓↓
某社製ラバー・・・
某社製シリコンラバー。

巻き上がりの「生命感」が感じられず、ザンネンながら不採用。
数年前からありとあらゆるラバーを試していますが・・・

「作業のしやすさ」
「巻き上がりの生命感」

・・・については今使っているラバーが最良だと再認識した次第です。
オネガイだから生産中止なんていわないでください。

さて今回仕込んだ「幻術」が「サル知恵」に成り下がるか?



コレばかりは魚に問うてみるしかないですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。