上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラッピングデザインの校正中です。
ちょいと飽きてたので、Blogの更新でも・・・w



今日は、冬のフィールドには欠かせない「防寒ブーツ」の紹介。
使用環境は・・・

「平地・積雪なし 外気温-2℃~10℃」

あくまでも「釣り限定」での使用環境ですのでアシカラズ。


課長が長年愛用するブランドは「Columbia」
ハイクオリティー&(割と)ロープライス
タウンユース用に「ヘッジホガーブーツ」と厳寒地用に「バガスリップ」を持ってますが、今日はお試しで購入したヘッジホガーシリーズの「パックロング」の紹介です。
↓↓↓
ヘッジホガーパックロング
ちょいと派手目です。カーキ色もあります。
Columbiaらしい、防水ラバーシェル(茶色部)にコーティングアッパー(オレンジ部)


ジップアップで履きやすく脱ぎやすい作り。
↓↓↓
オープン状態
全閉しても圧迫感はありません。

インナーはフリース地に中綿入り。
↓↓↓
インナー
シンサレートが程良く入っています。

中敷きは脱着式。
↓↓↓
中敷き
オイニがキツクなったら洗いましょうw

ソールはこんなです。
↓↓↓
ソール
ウレタン等サンドされていないので、クッション性を期待してはいけません・・・

そもそも、スノーシューとしての用途でしょうから、クッション性・防水性はさほど期待していませんでしたが、試しに青線あたりまで10秒間入水してみたとろ、浸水は0でした。
但し、ラバーシェルとアッパーの縫製部分は屈曲を繰り返すと劣化してくるので、最悪断裂→浸水の可能性あり。(←過去の製品で経験済み)
履き潰すつもりでも大概ここからやられるのが泣き所・・・
ですが、その頃にはインナーの保温性もダウンしてくるので、ある意味買い換え時期の目安でもあります。
↓↓↓
浸水テスト
雪上の使用なら恐らく浸水はしないでしょう。タブン

タウンユースもオシャレ?
↓↓↓
タウンユースにも?

ササッと着替えるときも・・・
↓↓↓
ササッと・・・

ハタマタ、「裕次郎履き」もw
↓↓↓
裕次郎履きも・・・


見た目のようなポカポカ感はさほど感じませんが、「冷えてどうしようもない」ということもありません。
見ての通り通気性は0ですので、インナーが湿ってしまいます。
放っておくといつまでもジメジメしてしまうので、一日履いた後は靴用の除菌・防臭スプレーを吹いて新聞紙を詰めておくか、ジッパー全開で日当たりの良い場所で乾燥がキホンです。
履き併せるソックス類は吸湿性のある抗菌防臭タイプのものがいいでしょう。

課長の経験上、どんな高性能ブーツでも、使った後のメンテと履き併せるソックスがとても重要です。
遠征で「厳寒地に数日山籠もり」などする場合、可能であれば防寒ブーツを2足は用意したいところです。

冬の釣りは兎にも角にも「温かに。」
集中力が増せば釣果も違ってくる・・・



・・・はずですw
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。